ニキビができる原因や対策を知ろう

さまざまなところにできるニキビ、特に顔にできてしまうと目立ってしまいます。気になって触ってしまうこともあります。
しかし、触ると手に付いたばい菌により悪化の原因になります。
ニキビができる原因とは何なのでしょうか。

一番の大きな原因は男性ホルモンの分泌増加によるものと言われています。
男性ホルモンが増加すると、皮脂分泌が増加し、角化異常、肌荒れが生じます。

女性で、特に顎やフェイスラインにニキビが出来やすい方は、男性ホルモンが多いことが考えられます。
男性ホルモンが多くなってしまう原因は、過剰なストレスです。

ストレスを溜め込みすぎると、男性ホルモン増加に伴ってホルモンバランスが乱れ、皮脂分泌が増加してニキビを作り出してしまうのです。
そのため、対策としてはストレスを貯めないことが一番になります。
自分なりのストレス解消方法を見つけて、気分良く過ごせるようにしておくことが大切です。

その他、睡眠は十分にとることです。寝不足もまたニキビの原因の1つです。なぜなら、肌の新陳代謝は睡眠中に行われているためです。
だいたい22時から2時くらいの間に眠っていると肌の新陳代謝が行われます。
この時間は、できることなら睡眠をとっておきたいものです。

そして、ニキビにとって最も大切な食事です。
偏食ばかりしていると、ニキビができる原因となってしまいます。
脂質の多い食物はニキビの元になります。よくチョコレートを食べるとニキビができると言う方がいますが、脂質が多く含まれているからです。
ニキビの予防も兼ねて、バランスの良い食事を心がけることが重要です。

特に、ビタミンA、B2、B6、Cを積極的に摂取すると良いです。手軽に摂取できる物ですと、納豆、チーズ、生野菜、果物、魚類などです。
バランスの良い食事を見直すチャンスです。

また、ケアの面でも注意したいものです。
ニキビは肌の炎症であるため、洗顔のし過ぎも刺激になり乾燥の原因となってしまいます。

朝晩の2回の洗顔で十分なので、あまり擦り過ぎずに肌を労わるように泡を利用して優しく洗顔をすると良いです。
そして、化粧水などで十分な保湿を継続することが大切です。
どんな洗顔がニキビに効果があるのか知りたいならば、ニキビ洗顔ランキングを参考にして下さい。
その他のスキンケアに関しては、また機会があればご紹介していきたいと思います。